品格

5月から頑張った長唄「勧進帳」が終わった。
一人で三味線も唄も完成。完璧とは程遠いけれど、とりあえず満足。
舞台一面総勢100人超で演奏すると鳥肌がたつほど感動する、超名曲!!



さて、秋に向けて次の曲は「喜三の庭」(君の庭)
安政6年、岡安喜三郎という人の弟子の新居の新築祝いに作られた曲。
一曲の中に三つの秋の情景が描かれる。

まず一つ目は、平家物語の「小督」(こごう)を題材にした秋。
高倉天皇の寵愛を受けた「小督」(こごう、と読む、女性の名前)は、
天皇の后の父平清盛に遠慮して嵯峨野に隠れ住む。
小督を忘れられない天皇の命を受けた源仲国が探しにくると、
小督の弾く箏の音が聞こえてくる。
笛の名手仲国は静かに笛を奏で、二人は「想夫恋」(そうふれん)を合奏する。

小督


二つ目はそれから700年のちの江戸の吉原。
女たちが秋の野花のように美しく咲き乱れる遊郭。
三味線で清掻(すががき、開店合図の三味線)を弾く遊女の元に、男たちがやってくる。

見世清掻き


三つ目は新居祝いに豊年の秋の実りを囃して歌おう、というもの。


この曲の演奏にあたって、心すべきは「品格」なのだという。
「小督」という曲は能にも筝曲にもあり、
「喜三の庭」には能の詞が使われ、筝曲の手が入っている。
小督は愛する天皇を思って仲国と「想夫恋」を合奏する。
色っぽいことになりそうでならない。

合奏するだけで充分情愛があふれ、
格子越しに女を見るだけで充分色香が漂う。
あるかもしれないし、ないかもしれない。


昨今、文春砲なるものが数々の芸能人を乱射しまくっている。
人の色恋など探って白日の下に晒して何が楽しいのだろう?
ただ、自由に恋愛のできる人種が羨ましいだけなんじゃないか・・と思ってしまう。

秘してこそ花。
品格あってこその、恋。


何もかも表向きだけは正しくないといけない平成の世の中では、
昭和歌謡も歌えません。



Template Designed by DW99