メモ5

同じ漫画「ドッポたち」小泉吉宏
「二人の女の子が、『見えない者の存在はないものとして扱う』
 ということについて話しながら歩いている。
 二人の側にはヘビがいるけれど二人は話しに夢中で気が付かない。
 ふっと足元のヘビを見て、二人一緒に「きゃあー!」と叫んで逃げて行く。」


え、ヘビが気持ち悪いって。え、その存在が気持ち悪いの?
ヘビはいつも通りヘビの格好をしてそこにいただけだよ。
ヘビに失礼じゃないか!
うーむ。
なんか納得できん。

Template Designed by DW99