産めば海路の日和有り

嫁に対して「子ども産むなら早い方がいいよ」とは言えないのは、遠慮からだけではなく、
当然お嫁ちゃんの事情への思いやりや配慮からです。

人にはそれぞれ考え方や事情や生理的都合があるので、
それらを無視して意見することなどできないからです。

が、しかし、それでもなお、もっと素直に本当のことが気楽に口に出せたら、
「早く言ってくれたらよかったのに〜」ということはなくなるだろうと思います。

というのも、欲しいと思う頃には、年齢的に生理的に、
生物学的な産み時を逸していることが多いからです。


現代では40を過ぎても50を過ぎても、
あの手この手で妊娠出産をすることが可能な世の中になりました。
自分自身の卵子が老化して使い物にならなければ、
若い女性から卵子の提供を受ければいいし、
配偶者の精子が使い物にならなければ、精子バンクから提供を受ければいいのです。
受精卵を戻すべき自分の子宮に問題があれば、借り腹をすればいいわけだし・・・。

もう、いっその事、養子縁組じゃだめですか?


若くして望まぬ妊娠をしたけれど、出産して育てることが不可能な女性の子どもを、
豊かな資産はあっても子どものいない夫婦が育てることは可能です。


子どもが欲しい、育てたい、という希望があれば、なんとかなる世の中になりました。



それでもなお、自分と自分の配偶者の間の子どもを自分自身が産み育てたい、
という希望を持つのはものすごく自然な気持ちで、
それなら、絶対、早い方がいいのです。



友人に「私、もう45だよ。」そう言って、泣かれても、なんだかなあ。
「どうしようか、何回受精卵を子宮にもどしてもできないし、
 もうやめようかと思うけれど、まだ、二つ凍結受精卵があるし、
 もう少し頑張ってみる。」
自分でそう結論を出すのなら、やめろという権限は私にないし、
その時点で配偶者は60をとっくに過ぎ。
それでも有り余る資産があるからいいんだろうけれど、
どうなの?それって。

夫には前妻との間に妻に近い年齢の娘もいるわけだし、もういいじゃん、
と思うけれど、
妻にしてみれば、「私と夫との子が欲しいっ!」て思うわけだし、
子どもを持つ事が彼女の生き様として切実な願いなわけで。


どんなに文明が進化しても妊娠出産はものすごく原始的なことをくりかえしているわけで、
それが現実なのですよ。


だから、四の五の言わずに、さっさと産んだ方がいい、と思うわけ。
産めば、海路の日和有り。
今大変でも助けてくれる人もでてくるし、力になってくれる人もいる。
なんとかなるからさ。





今は若いときは仕事に夢中で、気が付いたら40を過ぎていた、
ということも多いのかもしれません。
40過ぎたとしても、産まないよりは産んだ方が人生豊かになるし、楽しい。
苦しい事も多いけれど、その苦しみすら楽しい。

だけれども、生物として、若いうちに気が付いて、
なんとか早く産んだ方が親も子も楽ではある。
体力と気力が子育てには必要。
それは事実。

私は初産が28で最後は36。
まあ、早くも遅くもない。

最後に産んだ子は親が老いていくのを一番間近で見ているので、
優しくはなります。


(子どもがいない夫婦の人生が豊かでない、などと言っているわけではありません。
 私どものように、せこせこ子育てをするより、
 大きく豊かな人生を送っていらっしゃる方々が多勢いらっしゃると思います。)



Template Designed by DW99