演奏する、ということ 2

前回の記事に
「芸術にはグローバルスタンダードはありえない、ということではないか」
というコメントをいただいたのだけれど、
うーーん、そうなのかもしれないけれど、

うーーーん、早い話し、おじさんに勝手な演奏されると私が困るのです。
私がプロで、伴奏をするように雇われているのなら、文句は言いません。
でも、そうじゃないし・・。

シチめんどくさく言うと、
「共通認識を持てない演奏、というものは芸術以前の問題なのではないか」
と思うのです。

楽譜とか、記号とか、言語とかを操る私たちは、そういう共通言語によって会話をし、
共通認識を持つことによって、同じ時間を共有し、演奏をすることができます。

音楽はすごーく言語に似ていて、
楽譜は頭の中に浮かぶ事象を記号化できる優れものです。
楽譜にも、洋楽の譜面あり、邦楽の譜面にも様々なものがあり、
世界中の音楽にはそれぞれ異なった面白い記譜方法がある、
それは言語の違いと似ていて、言葉や発音は違っても、
何を意味しているのかは、だれでも共通理解できるはずなのだ。

そういうのって、面白いと思いませんか?

だから、譜面の読み方さえわかれば、
時代や場所を越えて、どこの誰とでも会話ができるのです、音楽で。


もしかしたら、時代や地域によって、読み方や表現の仕方が微妙に変化して、
それが時代性や地域性を生むのかもしれないけれど、
それで、グローバルスタンダードはあり得ないことになるのかもしれないけれど、

だからって、記譜を無視して勝手に弾いていいわけでもないんだけどなあ・・・
と思うわけです。


以前、私の息子が小さい頃、バイオリンを弾くのに、
譜面の1小節はどの1小節も、同じ長さだ、という約束を無視するように、
ゆっくりに感じる所はとてつもなくゆっくりと、
速く感じる所はとてつもなく速く弾いて、先生に注意され、
本人は注意されることや勝手に弾けないことが不満だったようだ、

という記事を書きましたが、

やっぱり、それはいいことではないと思うのです。

感じるものを感じるままに表現することはいいことだ、
という言い方もできるかもしれませんが、
それは一人の世界で一人で行う場合だけの限定ですね。

あるいは、そういう風にアレンジしていいと楽譜に明記してある場合。



音楽家を題材にした漫画や小説、映画などは、
「定められた演奏をから逸脱した素晴らしい才能の持ち主」みたいな人を
主人公にしているケースがありますが、それは本当に定められた演奏を熟知した上で、
あえて逸脱した演奏ができる場合のレアなケースに許される、のだと思います・・が、
いかがでしょう?
逸脱したものを安易によしとしている映画などは、ちょっとちがうなあ、と思ったりします。


(例えば、「四月は君の噓」は広瀬すずは超可愛かったけれど、
 メチャクチャな演奏だけれど、人の気持ちに訴えるから良しとする、
 なんて、そんなのないよねー、と思います。
「マダム・フローレンス!夢見る二人」で描かれる
 フローレンス・フォスター・ジェンキンスなんて、絶世の音痴だけれど、
 彼女のように、超絶音楽を愛して努力する人は認められるべき人だと思うのですよ)


早い話し、私が問題にしているのは、二人以上で演奏する時、
せーので一緒に演奏できないのは、困る、ということなんですけどね。


Template Designed by DW99