大きな声で歌いましょう

世の中には「第九」を歌いたい人がたくさんいるのですね。

第九1


で、その迷える子羊たち、というか、さまよえる流浪の民を救わん、と、
手を差し伸べる先生方もたくさんいて、というか、それがお仕事なのでしょうが、
なんとか、合唱としての体を成すようにと、一生懸命にご指導下さいます。

その先生方も、実はご自分も声の出し方で試行錯誤されてきたわけで、
そしてそれを、どのように伝えたら伝わるかで、苦心していらしたのですね。

皆さん、ご指導がユニークです。


大きいホールで最後列まで届くような声というのは、
とにかく息を一杯吸って、息を一杯吐く、それに尽きる。

まず鼻の穴を目一杯広げます。
で、その鼻の穴から思いっきり、ソーメンをすするっ!
躊躇しない!一気にすする!
そうしたらそれを、自分がマーライオンになったつもりで、一気に吐き出す!
はいっ!ドーーーーーーーーーーーーッ!!!


それを何回もやります。


女声、とくにソプラノはいかに高音を美しくかつ大きな声で遠くまで届けるかが大事。
特に、「第九」はマジ?と思うくらいの高音で。


声をただ前に出すのではなく、
お腹を使って何メートルか先にいる人にボールを投げるように。
それをどんどん遠くまで放るように出しましょう。
というのは、わかりやすい指導です。

声は前に出そうとするとカラダに力が入ってしまいます、
もっと楽に出すには、自分の口の中に大きなホールをイメージして下さい。
のどにおおきな反響板があります、そこに、反響させて、前に出すのです、
はい!楽に、反響させて!アーーーーーーーーーッ!
というのも、まだイメージしやすい指導です。


で、メゾソプラノから苦労してソプラノに転向したという先生が、
苦労して編み出した秘伝を女性だけに内緒で教えて下さいました。

アンテナで高音をキャッチするのですっ!
まず、頭の上にアンテナを立てます!
(100名近い女性が全員頭の上に手でアンテナをはやします)
で、それで周囲の電波を捕らえて下さい。
(みんな手の平を左右に向けて電波を探します)
そして、正面からきた電波を捕らえます、ハイッ!
(先生と一緒に手の平を前に倒します、キャッチ!)
ほら、高音が出たでしょう。いいですか、これ、内緒ですからね。



そうなんです、とにかく美しい高い声さえ出せれば無敵なのです。




Template Designed by DW99