私のカケラ

大学生の時、デザイン学校の夜学にダブルスクールで通った。
そのデザイン学校の夜間コース開設第一期生だったので、
学校側も、どんな人間を集めたらいいのかわからなかったと見えて、
結果、高校の新卒生から、私のようなダブルスクール組や、
すでにデザイナーとして活躍している人、カメラマン、工芸家、絵描き、
役者、ただのアルバイター、等々の雑多な人間が集まって、
毎日夜の渋谷で飲んでばかりいたけれど、それなりに面白い日々だった。


その頃の飲み仲間が久しぶりに渋谷で集まるというので、用事の後合流した。
飲み会は4時から始まったのだ。
今や沼津のエスニック料理屋のオーナーシェフにおさまっているおじさんが、
乗車する渋谷発のバスの時間に間に合うように、そんな時間開始になったそうで、
笑った。


きゃあ、久しぶりー!
白髪になったり、シワがふえたりしても、もともと仕事をもっていたおじさんたちは、
あまり変わらない。
私は、卒業以来何十年も会わなかった一人の女性の顔を見るなり、
「あーーーーー、ゴミ袋に立体を入れて来たヒトーーーーー!」
と思わず叫んでしまった。


そうそう、昼間会社勤めをしていた彼女は、
立体を作るという課題の作品を満員電車でつぶされたくないからと、
ごみ袋に空気を入れて大きくふくらませて学校に持って来たのだ。
電車の中で「それは何ですか?」と聞かれて、「立体!」と答えたそうで、
私はそれを強烈に記憶していた。

彼女は才能も確かだったけれど、満員電車に毅然として大きなゴミ袋を持ち込む、
その気丈さに関心したのだった。


ところが、当の彼女はそんなこと覚えていないという。


優等生の彼女に比べて、デザインの授業自体はいい加減に受けていた私が
みんなに残した強烈な印象は、
学園祭でファッション科の子たちが主催したファッションショーに出て、
飲み過ぎていて、踊り過ぎてコケタことらしい。


やだー、
ヒトの記憶の中には、自分が思いもよらない自分のカケラが刷り込まれているんだ、
色々なヒトの記憶の中の色々な私のカケラを書き集めたら、
プリズムのように、キラキラと、いろいろな私が見え隠れするんだろう、


と、そう思ったら、不思議な心持ちになった。




Template Designed by DW99